2012年06月30日

観劇「Place.Space.」

センターボーイズのメンバーをあらかた引率して、7contents「Place.Space.」を観劇してきました。


センスは第三世代小劇場で、うまいことわいわいしてるお芝居でした。パワー感が良いですね。
ワンシーンワンシーンが楽しめたり泣けたり、流れが丁寧で満足があるのですが、内容的には飽きている流れなのでもうちょっと今時な工夫が見たいと思いました。
自分が出るなら、一目置かれる風な役づくりでエースをやってみたいですね。際立ってなにかやらかすわけでもないのにあだ名がエースということは、静かなるリーダーである可能性もあるわけです。
座組によっては出来るけれど、このメンバーで自分が横取りできないのは将軍ですね。この手のチートキャラは、パワー差がある時でないと成立しないんです。この場合のパワーって、経験か生命力です。


盟友・姫宮みちりはブログ等で「役がこちらを向いている」というだけあって、ヒトラー役(ヒトラーというあだ名の少女)を通して、持っている一側面を出せたんじゃないかと思います。出せば毒素は抜けていくものです。


さて、何か作りますか。
posted by 谷頭榮之助理事長 at 21:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 役者道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。