2013年02月15日

記録には残らないが記憶には残る

ひよこや開店記念公演『宇宙戦艦ぴよぴよGAIA』無事幕をおろすことができました。

共演して下さった皆様、スタッフの皆様、御来場の皆様、またひよこやをはじめ見守ってくれた方々に感謝します。本当にありがとうございます。

かつて風間唯人を演じた私が、対称となるキャラクターの森野浩平を演じることになるとはぎりぎりまで思いもしませんでした。風間のモデルとはずっと一緒に生きてきて、森野とは小さな頃からずっと夢で会う間柄です。
世界を救うような壮大な夢で必ず援護してくれたのが森野浩平です。せっぱつまった時にしか表れないので、その背景にあるものや思想は想像できていませんでした。役づくりにあたり、設定資料を読みあさりました。結論としては彼は真の勇者なのです。
勇気の在り方についてこんなに深く考えたことはなかったのですが、風間や私の勇気は状況の打破にあり、森野の勇気は厳護の信念にあるのです。戦い慣れした者が持っ余裕と、庶民に紛れ込む軽快さの両立が役作りのテーマでした。

役が入ったきっかけは、自分よりはるかに若い役者さん達の中で、さらに若手のフリをしている状態に気付いた時にでした。若さゆえのパワフルさと無駄な動きの狭間で、老兵が要所だけ押さえながら陣列のバランスをとっている。この感じがしっくりきたのです。

なかなか前線にばかりいられませんが、このような機会に恵まれ、役者として幸せに思います。

どうかどうか今日も明日もどこかで打たれるお芝居が無事故でありますように。
posted by 谷頭榮之助理事長 at 23:24| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 淵源座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/322627062

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。